お知らせ

2021.08.04

SDGsへの取組みを始めました

SDGs(エスディージーズ)とは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までの国際開発目標であり、17のゴール・169のターゲットから構成されています。

取組む目標

環境
FA(Factory Automation)のCO2削減及び環境に配慮した
事業所経営の推進により、気候変動及びその影響の軽減に貢献する

■小型・軽量化製品の提案による製造時CO2削減製品の普及
■省エネシステム、製造時及び使用時CO2削減製品の提案による実現
■オフィス・営業での取り組みによりCO2削減を図る
・ペーパーレス
・低排出ガス車の採用
・テレワークの実施等
・クールビズ/ウォームビス導入による室内設定温度の適正化
・発送品の集約化による配送の回数削減

職場づくり
ジェンダー平等を目指し、年齢、障がい、人種、その他の状況に関わりなく
健康で安心・安全な職場環境の創出により、ディーセントワークを実現する

※ディーセントワーク(Decent Work)とは権利が保障され、十分な収入を生み出し、適切な社会的保護が与えられる生産的な仕事を意味します。それはまた、全ての人が収入を得るのに十分な仕事があることです。
■年次有給休暇取得促進(年次有給休暇率90%目標)
■自然災害に備えるため、備蓄品を導入し、災害マニュアル・規定等を整備
■従業員が長く健康的に働くために、健康診断を必ず受診し、ストレスチェックを受検する(在勤者健康診断受診率100%)
■死亡事故ゼロ達成のため安全教育を徹底する
■SMCグループ企業として「SMCグループ行動規範」の「4.従業員の人格尊重および
差別の禁止と職場環境の充実」を順守するとともに、定期的に講習会を実施
■外国・障がい者・高齢者の採用を促進し確約できる環境を整備

ひとづくり
すべての社員の能力強化を図り、開発基盤となり、SGDsの達成に寄与する人材育成を可能とする

■従業員の仕事への意欲・モチベーションを高めるために、優れた実績を上げた
従業員に対する社内表彰制度を設置
■従業員の自己研鑽を支援するため、クラウド型のeラーニング管理ツール
LMS(Learning Management System)を導入
従業員の能力とモチベーションの向上を図る

お知らせ一覧に戻る